九州防水株式会社

TEL0942-44-3770

月〜金|9:00〜18:00

種まき第一弾①

最新情報

種まき第一弾①

5月中旬に1回目の稲の種まきをしました。

 

田植えはしたことがありましたが

種まきは初体験です(個人談)

どんなことをするのか興味津々!

 

まず、この箱の量にビックリ(◎o◎)!

大量~!と思ってたら普通…いや、少なめらしい(^^;;

約600枚。

(この種をまく箱は育苗箱というそう)

 

育苗箱にベルトコンベアー式の機械(播種機)を使って

「土→水→種籾→土」の順で種まきをしていきます。

 

最初の土(床土)は敷いてあって

これに「水→種籾→土」と播種機を使って

一気に種まきをします。

 

まずは水の確認。

ちゃんと出るかな~

 出ました!

 

次に種籾。

浸種を完了し乾燥させた種籾。

 

始める前に種籾が何gずつ出るのかを確認して

今回は200g前後出るように設定します。

設定が完了したら播種機の播種ホッパに種籾を投入。

 

それから種をまいた後に覆いかぶせる土(覆土)を土ホッパに投入。

これで準備完了です。

 

 

種まきスタート~!

 

ベルトコンベアーが育苗箱を運んでいきます。

運ばれた先に潅水装置があり、床土に水を注ぎます。

 

それから播種ホッパから種籾が落下し、均一にまかれ

 

土ホッパの下に移動し土ホッパから土が落ちてきて種を覆います。

 

その後、回転式ブラシがキレイに土を均一にします。

 

最後は人の手でどんどんトラックに積み込んで行きます。

 

時には失敗して落したりしながら…(^^;;

あーあ…笑 (これもちゃんと使います)

 

上記の作業を約1時間続けて…

 

積込完了!

 

この育苗箱はどこへ行くのか…

それはまた次回ご報告します。

 

 

しかし、昔はこれを全部人の手でしてたなんて…

文明の利器の凄さも然り、農家の方々に改めて尊敬の念と感謝です。

 

by
関連記事


ページ
上部へ